箱庭スタジオ

「どんなときも遊び心」がポリシーのクリエイター・津上夏哉のブログです。

MENU

フェアリー・テイルに感謝する

f:id:natsugami:20170616002159j:plain

 

■人生で初めて異世界を提供してくれたのは『オズの魔法使い』であり、初めて夢中になった小説は『ロックフォール団のねずみたち』であり、童話と児童文学の世界は今日小説をしたためる源流になっている。それからあらゆることに物語性を求めるようになった。数学の証明は答えを導き出す過程が好きだった。仕事は全体のフローがつかめないと機嫌を損ねた。整合性がとれていないと不安だったのかもしれない。グラついている前歯ひとつにも抜くまでのストーリーを考えていた。結果的には寝ぼけた母親の踵を喰らって二本まとめて御用になったのだけど。

 

■自分の創作が童話に支配されているとは思わない。根幹ではなく源流と書いたのはそういう理由がある。実のところ創作の刺激になっているのは音楽だ。多様な音楽に触れ、秋田ひろむ、波多野裕文高橋國光といった人物の書く詞の虜になって、いつしか文章にリズムを追求するようになって、音楽とともに小説を書いていた。長編や短編集はフルアルバムのようなもの。ひとつひとつの場面に意味がある。ひとつでも欠ければその作品は成り立たない。そういう思いで小説を書いているうちに、人とは違う書き方を始めてしまった気がする。無性に不安になる。

 

■不安になった時、思い出すのは童話の世界。童話には結末がある。あって然るべき結末と、それに応じた教訓が忍ばせられている。物語には必ず意味がある。小説と名乗るからにはテーマたる何かを説く必要がある。人に何かを説くには説得力がなければならない。小説はハッタリの連続だ。魔法をでっち上げ、異世界を造り上げ、実在しない人間の感情を操る。ハッタリもバレなければ正攻法だ。童話はそれも教えてくれた。打ち出の小槌の原理なんて説明されない。竜宮城まで息を止める方法など説明されない。説明する必要がないからだ。正直救われる思いになる。フェアリー・テイルに感謝する。

 

Steam発のARPG『GOKEN』がネトゲ世代にぶっ刺さりそう

f:id:natsugami:20170614221610j:plain

 

シームレスなワールドでの爽快アクションを謳うARPGGOKEN』が、今夏Steamで配信される。開発はGIANTYで、価格は未定。E3でも展示されているみたいだ。

 

 

僕はこのPVを見た時、真っ先に古き良き日本のネトゲを思い浮かべた。見下ろし型のフィールドでちょこちょこ動くデフォルメキャラクター。同じくデフォルメされた敵モンスター。キャラと違って良い意味で平面的なマップ。

 

ああなんだろう、そんなにネトゲはやっていないんだけど、なぜか『テイルズウィーバー』を思い出してしまう。実は物陰から他のプレイヤーが飛び出してきたりするんじゃないか!? そんな感じに錯覚させてくれるムービーだ。

 

日本人向けに開発されているので、村っぽいマップの宿屋にもちゃんと「宿屋」と日本語が浮かび上がっているどころか、セリフも完全日本語対応っぽい。公式サイトでも「ARPGは全てのゲーマーが幼いころ体験し、日本で復活し、再定義されたジャンルだ!」と掲げられている。気合入ってんね。

 

f:id:natsugami:20170614222628j:plain

 

ショッパナ村て。言いたいことはわかるけど、ちょっと惜しい。でも普通に日本語訳していても出てこない単語だ。『スキタイのムスメ』の翻訳で「ナルハヤ」が出てきた時レベルの感動がある。

 

独自システムとして、タトゥーを彫ってキャラを強化する機能っぽいものがある。画面上のステータスも最小限だし、快適に遊べそうな予感。もっとも、今夏は色んなゲームが一堂に会するので、遊ぶ暇があるのかどうか、そしてこのゲームのことを覚えているかどうかは、定かじゃない。クオリティ次第ではネトゲ世代にぶっ刺さりそうな『GOKEN』、仕上がりに期待したい。

 

f:id:natsugami:20170614221958j:plain

 

GOKEN - Action RPG for Steam

 

【アナザーエデン】Ver1.2.0アプデ雑記

f:id:natsugami:20170613215925j:plain

 

『アナザーエデン(以下アナデン)』で、今月15日(木)に外伝『IDAスクールⅠ 絶対零度の鎖』が配信される。

 

アナデンは毎月何かしらアプデで外伝が来るからいいね。「Ⅰ」ってことはまだまだ続くタイプのやつなのかなー。IDAスクールが舞台になると思ったからマイティとかセヴェン辺りをしっかり育成しておいたけど、案の定スコアアップするみたいでよかった。フォランまだ育ってないけど……。

 

んで、アプデと同時に、いつもどおりいくつか調整・修正もあるっぽいのでそっちをメインに触れてみる。

 

続きを読む

【シノアリス】簡易レビュー&遊んでみた感想。スクエニのポチポチゲーに明日はあるか

f:id:natsugami:20170611210048j:plain

 

結局何がやりたいのだろう。最近メンテが長引いてることで不運にも有名になっている『ノアリス(SINoALICE)』が、ようやくまとも(?)に遊べるようになっていたので、野球を見ながらちょこちょこ遊んでみた。スクエニスマホゲーで成功したのって何があるだろう。『スクールガールストライカーズ』くらいかな? それに続けるタイトルになるかどうか。

 

概要は「物語のキャラクターが作者を復活させるために闘う」みたいな感じだった気がする。雰囲気はメルヘン。幻想奇譚と書いてメルヘンと読む。ぶっちゃけオープニングで少し語られただけなのでよくわかってない。基本的な目的とかストーリーとかは他所に任せておいて、ちょっと遊んでみた感触をぼちぼち書いてみるよ。ガチャの排出率とかには一切触れないので、要注意。

 

続きを読む

2.5次元のキャラプロジェクト『ライブレボルト』は掟破りのやべーやつ

f:id:natsugami:20170608200956j:plain

 

ラブライブ、バンドリに続くプロジェクト……なのか?

 

仕事中、ふとしたきっかけで『ライブレボルト』の名前を見て、見たことないなあと思って調べてみたら、どうも今年始動したばっかりのプロジェクトらしい。ざっと見てみた感じの印象は、先述したラブライブ・バンドリのような感じ。それらと同系統で、ライブにより重きをおいたプロジェクト……ということなんだろうか。

 

2.5次元キャラクタープロジェクトってのは結構聞く話なんだけど、この『ライブレボルト』はどんなモンなのか。何を売りにしているのか。そして、今後人気が出そうなコンテンツなのか。サイトを見たところ、既に若干引っかかる部分があるけど、ちょっとだけ掘り下げてみる。

 

続きを読む