箱庭スタジオ

「どんなときも遊び心」がポリシーのクリエイター・津上夏哉のブログです。

MENU

2018 1Q

■こんばんは。しれっと更新です。大体1ヶ月半ぶり。更新と言ってもなにか書くわけではなく、ただの生存報告みたいなものです。

■ここ最近はいろいろと考えていました。自分はどうしたいのかとか、5年後どんな人間になりたいのか、とか。5年後って言えばもう30歳です。5年後は目と鼻の先です。取り返しがつかなくなるところまで来ています。だから焦っていると訊かれると不思議とそうではなく、むしろ楽しみにしている部分さえあります。中日ドラゴンズの和田選手だてって開花したのは30歳手前になってからでした。そう考えると、前を向いている限りかならず上がり目ってものがあるんだと信じています。だからどんな辛いときでも前を向いて、道を一歩一歩進むことが大事です。

■真面目なこと書きすぎたので反省します。

■ではまた。

【厳選】2018年冬アニメ視聴リストにこれは入れておけって作品4つ

最近日記ばっかりだったので、たまにはブログ記事らしいものを書くかと思ったけど、なんだかんだ日記になりそうということだけは断っておく。

 

要するに今回は、じわじわ始まっている冬アニメのなかでも、これだけはチェックしておいたほうがいいという作品をピックアップしたわけである。あらやだ今更感。万人が注目するポプテピピック』『CCさくらとかはもちろん取り上げない。それよりも注目が集まりにくい、どちらかというとマイナーな作品を枚挙する。

 

とはいえ個人の主観一〇〇パーセントなので、参考にするかどうかはおまかせ。つまんねえぞって言われても責任は取れない。大丈夫だそのときは僕も一緒に「つまんなかったわ! バーカ!!」って叫ぶから。

 

というわけで続きからどうぞ。ピックアップは全部で4作品。

 

続きを読む

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』を遊んで気になったこと・感想まとめ

f:id:natsugami:20171125135535j:plain

 

2017年11月22日、正確にはやや先行する形で、任天堂スマホ公式アプリ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』、通称「ポケ森」が配信された。『とび森』のスピンオフ作品としては、およそ2年ぶりの新作ということになる。スマホでいつでもフレンドと『どうぶつの森』が遊べるのはとてもいいことだね。

 

で、これを書いてるのが11月24日。配信されて大体3日。そろそろ効率の良い稼ぎ方とか、そういうTIPSが現れてくる時期だと思う。僕としてもいくつか思うところはあったので、一介の『ぶつ森』ファンとして、今日まで遊んでみて純粋に思ったことをつらつら書いていこうと思う。

 

……ところで略称って『ぶつ森』が一般的だよね? 『どぶ森』って呼ぶ人は見かけたけども。どぶの森て。

 

続きを読む

ゲーム探訪:ポケモンになれなかった、隠れた名作『もんすたあ★レース』

f:id:natsugami:20171111225615j:plain

 

新し懐かしのゲームを、にわかゲーマーの津上がちょいとつまんで紹介する「ゲーム探訪」。第1回はKOEI、現コーエーテクモゲームスより発売されたレース×育成ゲームの『もんすたあ★レース』を紹介。

 

続きを読む

最近のラノベは、まだ「長文タイトル」が流行っているのか調べてみた

f:id:natsugami:20171111153446j:plain

 

こんばんは。引っ越しを機にラノベをことごとく売り払った津上です。ビバKindle

 

以前、あるメディアでライトノベル担当をしていた時、「今年(2015年)のラノベのタイトルの平均文字数はどれくらいなのか?」という数奇なことを調査したことがある。その時の平均は15文字だった。最近で言えば『Re:ゼロから始める異世界生活』『戦うパン屋と機械じかけの看板娘』などが該当。いわゆる文章系タイトルに比べると、別にそこまで長い印象はない。

 

とまあ、ここまでが2年前の話。じゃあ今年出たラノベのタイトルの平均文字数はどれくらいだったのよってのが今回の話。最近は少しラノベから離れてたけど、以前推していた『異世界食堂』や『ナイツ&マジック』とかがアニメ化しててほくそ笑んでいた。この流れで『霊感少女は箱の中』もアニメ化しないかな。アレは無理か。

 

与太話は置いといて、今回も簡単に調べてみた。詳細は続きから。

 

続きを読む