箱庭スタジオ

ゲームを中心にサブカルコンテンツの雑記・レビュー・コラムを書いています。

MENU

『ドラガリアロスト』簡易レビュー。王道ファンタジー最大の課題は「操作性」か

f:id:natsugami:20181003231628p:plain

 

9月27日にリリースされて、ぼちぼち配信から1週間を迎える『ドラガリアロスト』。任天堂とCygamesがタッグを組んでいるだけあって、黎明期ながら完成度はすでになかなかのもの。それなりに遊んでみたので、さっと簡易レビューを書いてみる。

 

dragalialost.com

 

 

良い点

  • レベルがよく上がる。40レベルくらいまでは待ちが発生しないくらいガンガンレベルアップする。マルチで使用する共闘の羽もレベルアップで回復するのがデカい。
  • 操作に「おまかせ」があるので周回が楽。おまかせ中でも一時的に自操作にすることが可能。基本オートで進めて宝箱だけは逃さずとっておく――みたいなことができる。
  • キャラはフルボイス。なぜかドラゴンの声優が山寺宏一井上喜久子遠藤綾高山みなみ若本規夫と有名・大御所ばかり。
  • ストーリーは王道ファンタジー変にひねってなくて良い感じ。いち創作者としてはシンプルなファンタジーものとして参考にできそうだと思っている。なので展開が予測しやすいのはご愛嬌。
  • クラウがかわいい
  • クラウがかわいい
  • クラウがかわいい

 

悪い/微妙な点

  • 操作性があまりよろしくない。スライドした方向に行ってくれないことがあるなど、ややストレスが溜まる。まあおまかせがあるのでなんとかなるレベル。悪魔城ドラキュラで見たことのある変態移動も可能。
  • 状態異常のダメージソースがデカい。完全に防ぐにはキャラを上限まで鍛えないといけない。敵はバンバン使ってくるしギミックもたくさんある。辛い。効果も「一切のスキルが使えなくなる」「動きが遅くなり、受けるダメージが多くなる」など地味に痛いものばかり。要調整かと思われる部分。
  • エストの難易度は「戦力」で示されるが、基準が曖昧。戦力2000のステージでも戦力1000程度でクリアできたりするし、逆に戦力2000のステージなのに戦力6000で挑んでもあっけなく死んだり。属性や戦術を考えないと痛い目を見る。それ以上にダメージバランスが崩壊してると思うけど。
  • 凍ってないのに動けなくなるなどのバグあり。いずれ改善されるだろうということで特に問題はなし。むしろバグはかなり少ないレベル。
  • 武器のバリエーションが少なく、鍛えるのもしんどい。たとえばある武器を上限まで鍛えたいのなら、同じ武器をプラス4個手に入れなければならない。苦労して上位の武器を作るよりも、下位の武器を限界まで鍛えるほうが楽だし強い。
  • ガチャ「キャラ」「ドラゴン」「護符(装備アイテム)」が同じガチャから排出されるので単体の確率はかなり渋い。バリエーションが増えてきたときに分かれるのか、それとも混合のままなのか。

 

まとめ

まだ始まったばかりなのでこれといって評価はつけられないが、バグと呼べる部分は非常に少なく、やはり安定している印象。明日からは新たなピックアップガチャと、初のレイドイベントが開催になる。16人同時プレイ、吉と出るか凶と出るか。現時点で戦力が7000くらいなので、とりあえず10000いくまでは頑張ってみることにする。