箱庭スタジオ

ゲームを中心にサブカルコンテンツの雑記・レビュー・コラムを書いています。

MENU

『世紀末デイズ』はスマホ最強のローグライクになれるか

f:id:natsugami:20180816212830p:plain

 

ローグライクといえば、もちろん『Rogue』にはじまり『トルネコ』『風来のシレン』などの不思議なダンジョンシリーズ、果てには『クロダンサー』のようなタイプも存在するゲームジャンル。今回紹介する『世紀末デイズ』もこのローグライクに該当するスマホゲーム。2018年7月26日より配信されている。

 

ローグライクは簡単に言うとランダム生成されるダンジョンを頑張って進んでいく類のゲーム。こちらが動けば敵も動くターン制なので、とにかく戦略がモノを言う。携帯できるスマホとじっくりやり込むタイプのローグライク。一見相性が悪そうだが、それを解消しうるのが『世紀末デイズ』の備えるオートプレイ機能だ。

 

最近流行り(?)のオートプレイ機能を搭載した『世紀末デイズ』はスマホ最強のローグライクゲームになれるのか。ゲームの流れやシステムを説明しつつ考えてみる。

 

 

舞台は荒廃した東京

不思議のダンジョン』チームがおくるダンジョン探索型RPG。ランダム生成ダンジョン、ターン制など従来の面白さはそのままに、スマートフォンで遊べる新世代のローグライクゲームです。

『世紀末デイズ』の舞台となるのは、世紀末の荒廃した東京。主人公の天霧葵(あまぎり・あおい)はサバキの日に「オモイカ」という特殊な鉱物により左目を負傷し、超常的能力を持つ「レゾネーター」として覚醒。行方不明となった妹の後を追い、仲間とともに混乱の中に身を投じていく――といった王道ストーリー。シナリオを読むのが好きな人もそこそこ楽しめそう。

 

シナリオ自体はまだ途中までしか実装してないらしく、自分もそこまで進められてはいないのだけど、このシナリオから早くも得られた教訓は「他人を簡単に信用してはいけない」ということだった。もちろん笑いどころもそこかしこにあるんだけど、舞台が舞台だけにまあ話が重い。安らぎがない。絶望の淵を這い上がったと思ったらまた絶望の淵みたいな印象。

 

まあ茜ちゃんがかわいいので、どんだけ話が陰鬱でも問題はないのである。CVは小林ゆうだけども。

f:id:natsugami:20180816220508p:plain

「なんか言ったか?」

 

 

ローグライク部分は見慣れたランダムダンジョン

f:id:natsugami:20180816221124p:plain

 

『世紀末デイズ』の基本は、ダンジョンに挑み、キャラや装備を強くして、どんどんシナリオを進めること。ダンジョン部分はおなじみランダムダンジョン方式となっていて、視点を「斜め上」「真上」「ズーム」の3パターンから選べる。基本は斜め上、部屋の中を見たいときは真上を使うこともあるけど、ズームはまだ出番がない。臨場感を感じられるんだろうか。ローグライクに臨場感って必要なのか?

 

移動は任意のマスをタップで可能。敵をタップで攻撃。炎っぽい部分がメラメラしたらスキルを使える。操作はスタンダード。しかし、敵がいない場合はかなりの時間を移動が占めるローグライク。タップ移動じゃめんどくさくてやってられないに違いない。そんなマンネリを解消すべく搭載されているのが右下に見える自動ボタン、つまりはオートプレイ機能だ。

 

戦略性が重視されるローグライクにおいて、まさかのオートプレイ機能搭載。このオートプレイ機能がどれだけの性能を持っているのか。

 

 

オートプレイ機能は「周回」には向くが……

f:id:natsugami:20180816222042p:plain

 

『世紀末デイズ』のオートプレイ機能を試して最初に思ったのは「めっちゃ楽」。ある程度AIが賢いので、人が操作するよりも無駄なくプレイできる場面が多い。「敵を見かけたら倒す/無視する」「報酬/回復アイテムを優先して取得する」「ゲストキャラだけスキルの使用を控える」なんてことも細かく設定できるのはかなり優秀。ここはさすが不思議のダンジョンシリーズを制作してきたチームならではのかゆいところに手が届く機能だ。

 

それでもオートプレイが人力に劣る部分はいくつもある。顕著なのはモンスターハウス(敵がいっぱいいる部屋)に突入したときだ。

f:id:natsugami:20180816223511p:plain

 

モンスターハウスに突入したときは基本通路に逃げて1体ずつ倒すのが(多分)セオリーなのだが、オートAIはお構いなしに敵を殴るので、先頭の1人だけが複数体と戦う羽目になり、よっぽどのレベル差がない限り倒されてしまう確率が高い。『世紀末デイズ』は基本4人パーティなので、モンハウの場合は前の部屋まで後ずさりし、通路から出てくるところを全員で叩くというのが定石だと考えられるが、オートだとそうもいかない。こういった部分はやはり手動のほうが効率よくプレイできるだろう。

 

それ以外にも部屋の入口で敵の攻撃を受けると、稀に部屋から出たり入ったりを繰り返す無限ループに陥ってしまうことがあり(未再現)、お世辞にも完璧なAIではない。とはいえ、ある程度のレベル差があれば押し切ってしまえるため、スマホゲームにありがちな周回プレイに関してはストレスなく行うことができるだろう。それでもワープさせられたり混乱したりで全滅する可能性はあるので留意する必要はある。ちなみに『世紀末デイズ』は全滅した際、他のユーザーに救助要請を飛ばすことでコンティニューすることができる。初心者にはありがたい機能だ。

 

 

地味に大きい「リセマラ不要」のガチャ

f:id:natsugami:20180816223714p:plain

 

『世紀末デイズ』の初回10連ガチャは何度でも引き直し可能。これはライトユーザーにとってかなり大きなメリットだ。なんせリセマラする必要がないということは、序盤のチュートリアルを繰り返し行う必要がない。引き直しの回数制限もない。やろうと思えば★5(ガチャ産最高ランク)を4体狙うこともできる(実話)。

 そこそこ粘った

 

リセマラに抵抗がないなら他のガチャで★5リセマラを行った上で10連でさらに★5を大量ゲットすることも可能。最近この対応をするゲームは増えてきているので、うまいこと取り入れていると言えるだろう。序盤はキャラ性能により難易度の差があまりないので、ランクにこだわらず、好きなキャラを使って進めるのも全然アリ。僕は理科ちゃんが好きです。鈴音も嫌いじゃないけどダメージ受けた時にたまにヒトカゲっぽい鳴き方するのがなんか奇妙で受け入れられなかった

f:id:natsugami:20180816224920p:plain

ツインテ+ぶかぶか袖+白衣+ニーソ=(*'ω'*)

 

まとめ:ライト層にはおすすめ、やりこみ層は一考

f:id:natsugami:20180816225314p:plain

 

『世紀末デイズ』の総評だが、結論から言うと「ライト層はローグライク入門としておすすめ、玄人はゲーム自体を気に入るなら一考の価値アリ」というところ。

 

ガチめのローグライクとして遊ぶには、配信から日がないこともあってまだ厳しいところがあるだろう。キャラが多くは揃ってない=パーティのバリエーションが低く、パーティが固定されがち=戦略性も薄くなるのでやりこむには物足りない部分がある。本格的なローグライクを楽しみたいならコンシューマには「まだ」敵わない。

 

一方でライト層向けにはローグライク入門としておすすめだ。中盤まではさほど難易度も高くないので、シナリオを楽しみつつ、ローグライクの基本を学ぶのに最適。『世紀末デイズ』を遊んでローグライクに興味を持ったのなら、積極的にコンシューマタイプのローグライクで遊んでみるといいだろう。『風来のシレン』『ポケダン』『ネクロダンサー』……色とりどりのローグライクが君を待っている。

 

といったところを含めて評価は上々といったところ。『世紀末デイズ』はまだ配信されたばかりのゲームなので、これからのアップデートで更に面白みが増していくことに期待したい。

 

あと、直接は関係ないのだけど、一つだけツッコミを。

 

 

 

 

 

 

世紀末になんでスマホがあるんだよ!!!!!!!!!!!おかしいだろ!!!!!!!!!!!!*1

 

 

以上!!!

 

*1:日本およびSF作品等フィクションの一部で「世紀末」は「世の終わり」と混同されることがあり、特に映画『マッドマックス』や漫画『北斗の拳』等の影響か、本来の西暦の節目という意味ではなく、「世紀末=人類が死に絶えて、荒廃した世界」というイメージが少なからず存在している。従って、作品内の時代設定が世紀末でなくとも、人類が絶滅した世界、無人化して荒廃した都市、サイバーパンク系などのイメージを「世紀末的世界」として説明される事も少なくない。(Wikipediaより引用)