箱庭スタジオ

「どんなときも遊び心」がポリシーのクリエイター・津上夏哉のブログです。

MENU

博多の隠れ日本酒バー『高取酒匠 離れ』に行ってきた

f:id:natsugami:20170603195946j:plain

 

日本酒のバーって、そんなのアリかよ。普段は一人で居酒屋には行くことなんてほとんどないんだけど、バーに行くことはままあった。といってもダーツにハマっていた時にダーツバー行っていたってだけ。オシャレ感覚だとかカクテル味わうだとか「あちらの女性に、これを」なんて言うこともなかった。こちとらロマンチスト気取っている場合ではない。

 

金曜日だし、久しぶりにバーでも行ってみようかな。このあたり大衆居酒屋ばかりだから、路地に入ったらいいところありそうだな、ひょっこりと。みたいな感じで探してたら、本当にあったのがこの日本酒バー『高取酒匠 離れ』。付近にある『高取酒匠』の別棟みたいな感じかな。

 

昔からこういった別荘的なサムシングが好きな津上さん、本店らしき店はガン無視して離れへ直行。これがなかなか良い雰囲気のお店だったので、簡単に紹介するよ!

 

 

マジモンの日本酒バー

店内の造りは簡素で、カウンターが6席と隅っこの小さなカウンターテーブルで2席分(写真は撮り忘れた)。合計8席しかないこのお店は、なんとなく予想はしていたけど〆に向いているんだそう。どっかで軽く引っ掛けたあとに来てみると良いかも。椅子はちゃんと背もたれがついてるので、バーというより回らないお寿司の店に来ているような感覚。

 

仕切っているのはマスターならぬ、大将一人。大将て。マジで回らないお寿司の店じゃないか。寿司メニューないけど。なんでも、大将は高額納税者番付云々なんだとか。いやあ、さぞかし儲かってるんだろうねえ(卑しい笑み)。常連らしきグループが先に来ていたので端の方に座って、とりあえず一杯目を注文。最初は名前が面白かった島根の日本酒「死神」を飲んでみた。

 

f:id:natsugami:20170603205553j:plain

近え

 

感想は「死神って言うほど殺しに来ないな!」って感じ。色は茶褐色で、日本酒っぽい香りもあんまりない不思議なお酒。熱燗と常温が選べたけど常温で。なんでも冷やで飲むと少しエグいらしい。よく冷えたのを死神がくつくつ嗤いながら揺らしてるんだろうなあとか想像してみると、なるほど濁った中身は「死神」という名にふさわしい装いでもあった。美味しかった。

 

同時に出してもらった付き出しは、きくらげの何か(よく聞いてなかった)とごま豆腐。きくらげは味が濃く、ごま豆腐も濃厚。お酒が進むこと進むこと。お酒弱いのに。

 

f:id:natsugami:20170603205618j:plain

 

一杯目を飲んだあとは、あとちょっとだけ「死神」が残ってたとのことで、サービスで残り全部注いでもらった。ありがてえ。通うわここ(ちょろい)。

 

最近契約し(てしまっ)たスポナビライブでDeNAvsホークスの試合を見ながら、二杯目は何にしようかな、と考える。弱いので無理は良くないのだけど、お酒を呑みながらのスポーツ観戦ほど楽しいものはないので、もう一杯ぐらいはと注文。ぶっちゃけお酒には詳しくないので、完全に名前の響きが気に入ったものを注文。大将に「名前で選んでますね」と言われた。単純なアタマである。

 

というわけで、二杯目は和歌山の「鉄砲隊」。

 

f:id:natsugami:20170603210339j:plain

近え(二回目)

 

感想は「鉄砲みたいに突き抜けてるな!」って感じ。語彙力の欠乏。でもマジでそんな感覚だった。先刻の「死神」と比べると、スーッと鼻の奥に広がる感じがある。これぞ日本酒って感じ。そんな飲んでもないけど、なんとなく感覚でわかる……気がする。

 

さっきの「死神」は良くも悪くも日本酒らしさはなかったけど、この「鉄砲隊」には確かかな力強さと香りがあって、なんというか、一発で酔った。銃にゃ敵わねえ。これじゃ死ぬゥということで料理も追加で注文。ごまカンパチいぶりがっこチーズ馬すじ煮込みをいただいた。

 

ごまカンパチは個人的定番。どこの居酒屋に行っても必ずたこわさとごまカンパチは頼む。残念ながらたこわさはなかったけど、ごまカンパチはやっぱりウマい。

 

f:id:natsugami:20170603211035j:plain

 

いぶりがっこチーズは初めて食べた。要するに「漬物+チーズ」である。味が濃くて日本酒によく合った。他の漬物をチーズと合わせてみても良さそう。今度自宅でも試してみようと思えた。

 

f:id:natsugami:20170603211133j:plain

 

最後に馬すじ煮込み。ほろりと口のなかで崩れる馬すじがウンメー! こちらもお酒に合う良い料理だった。もうほとんど残ってなかったけどな!

 

f:id:natsugami:20170603211156j:plain

 

食べ終える頃にはホークスが追いつかれ始め、ちょっと不安になってきたので2時間ほどでおあいそ。鉄砲隊も二杯飲んだのだけど三千円くらいで済んだので、この雰囲気が味わえるのなら安いもんである。今回は結構ガッツリ食べたので、飲むっていうより話すメインの人ならいい感じかも。僕も話す相手が欲しいね、相手が……(サラサラ

 

博多の高取にある「高取酒匠」……の別荘的な立ち位置にある「離れ」。本格的な日本酒が味わえる、良い意味でバーらしくない和風で素敵なバーだったので、ぜひとも訪れてみてくださいな。

 

高取酒匠 離れ

住所:福岡県福岡市早良区高取1-3-13 高田ビル1F

最寄り駅:地下鉄空港線 藤崎駅から徒歩数分

営業時間:19:00~26:00