読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ箱庭

「どんなときも遊び心」がポリシーのWEBクリエイター・津上夏哉のブログです。

MENU

ラーメン通が選ぶ、大分のおすすめラーメン5選

f:id:natsugami:20170422214549j:plain

 

こってり好きなら見逃せない。僕は大分県出身で、学生時代は飽きるほどラーメンを食べていた(狂っていた時は週8)のだけど、いざ福岡に出てきて博多の豚骨ラーメンを食べてみて感じた。どちらも美味しいのは間違いないのだけど、博多ラーメンにしかない特徴、そして大分ラーメンにしかない特徴だってある!

 

今回は、そんな「大分ラーメン」に通い尽くした大分のラーメンオタク(と言えるのかは若干謎)な津上が、大分に立ち寄った際にぜひ食べてほしいラーメンを5つピックアップしてみた。なお、比較的アクセスが容易&駅チカなものを厳選しているので、出張でも問題なく行けるぞ! やったね!

 

なお、このブログの扱うジャンルがどんどん増えている点は気にしてはいけない。これは個人のブログであってキュレーションサイトではないのだ……ないのだ……。

 

 

1.ラーメン工房 ふくや 大分駅前店

f:id:natsugami:20170422211336j:plain

 

大分のラーメンと言えばコレ、という人も多いんじゃなかろうか。大分ラーメンの特徴である「こってりスープで麺多め」は、この店で存分に味わえる。

 

2016年にリニューアルオープンして、今までの豚骨スープに鶏が混ざり、さらに万人受けしやすい味へと生まれ変わった。駅から数分というアクセスの良さもあって、昼時はかなり混雑している。結構脂ギッシュなので、汚れが残る服を着ている場合は少し注意。

 

おすすめしたいのは「ふくや豊(とよ)特製ラーメン」。先述した従来の豚骨スープに鶏が加わった新メニューだ。豚骨が苦手という人でも、マイルドな味わいに舌鼓を打てるだろう。また、以前は「背脂こってりラーメン」という背脂が麻婆豆腐の豆腐のように浮かんでいるメニューも存在していたのだけど、現在はなくなっている模様。無念……。

 

「ラーメン工房 ふくや 大分駅前店」は夜の24時まで営業しているので、飲み会の後の〆にもぴったりだ。大分ラーメン入門にはおすすめの一件。

 

 

 

2.トラの夢

f:id:natsugami:20170422214549j:plain

 

ラーメンキッズよ、これが大分だ。と言わんばかりの存在感を放つラーメンが存在するのは「トラの夢」。夢じゃないよ現実だよ。

 

特徴は超ド級に濃厚な豚骨スープ。細麺ながら呆れるほどボリュームのある麺。それでもシンプルなラーメンなら600円というリーズナブルなお値段。さらに大盛りは完全無料。素晴らしい、素晴らしすぎる。このラーメンのおかげで何度お腹を壊したかわからない(?)。

 

おすすめしたい……いや、おすすめすべきかどうかは謎だけど、やはりインパクトがあるのは、画像の「マキシマム・ザ・チャーシュー麺」だ。まずネーミングセンスがヤバい。亮君もびっくり。お前は天丼かと突っ込みたくなるほどブワァーッと肉が並べられているのが特徴。しかもこれで1000円というんだから価格設定がおかしい。東京で1000円でこのラーメンが食べられるか!?(案外食べられそう)

 

大分のこってりラーメンを代表する「一骨家」などの店舗が閉店してしまったのは非常に残念だけど、「トラの夢」はまだまだ現役(のはず)。大分の濃厚豚骨ラーメンを心ゆくまで味わいたいなら、ここで決まり。なお、大分駅からはちょっと遠いのはご愛嬌……。

 

 

 

3.炎王ラーメン 都町本店

f:id:natsugami:20170422213158j:plain

 

大分に来たけど、やっぱり博多が恋しい! それもいいね。そういう時はセントポルタ(駅前のアーケード通り)を真っすぐ行ったところにある「炎王ラーメン」がおすすめ。燃え盛る名前だけど、味は意外とマイルド。

 

この店は、写真からもなんとなく予想がつくように、あの「一蘭」をインスパイアしている部分が少なからずある。辛味ダレの色とか、もうそこはかとなく既視感。でも美味しいので問題なし。さらに大分ラーメンにしては胃に優しいので、食後苦しくなるということがあまりない。素晴らしい! だいたい飲み会の後に来るから関係ないんだけどね。

 

おすすめしたいメニューは特にない。どれも美味しい。しばらく行ってないのでメニューを忘れているというのはここだけの秘密。なお、以前は府内町(駅前)にも系列店があったのだけど、そちらは2015年に閉店してしまった。無念。そちらの店舗では「油そば」を店舗限定で出していて、それがなかなか美味かった。写真は残っていたので、そちらで我慢してちょうだいな。

 

f:id:natsugami:20170422214209j:plain

ピンボケ&近い。

 

大分のこってりラーメンで胃疲れ(そんな言葉あるのか?)した時には、是非おすすめしたい店。都町は居酒屋(と風俗)が多い地区なので、深夜4時まで営業しているのも良い点。

 

 

 

4.太一商店

f:id:natsugami:20170422220233j:plain

 

ラーメン通は悩む。大分って、あの「二郎」がないんだよなあ。なんかこう「二郎」っぽいラーメンが食べられるお店ってないかなあ。大分にはないだろうなあ。バカ野郎あるぞ。二郎ジャンキーは、大分に来たら「太一商店」に行ってみてほしい。こちらのみ、駅からは少し遠くなる。

 

恥ずかしながら、僕はまだ「二郎」をそこまで食べたことがないので確信はできないけど、ここでは「二郎」にインスパイアされたと思しき鬼盛り野菜を拝むことができる。付け合わせにはほろ旨いチャーシュー、そして存在感の強いニンニク。例によって野菜ニンニク背脂タレの量が調整できるので、お好みでどうぞ。ニンニクは抑えめにしないとマジでニンニクの味しかしなくなるので注意。

 

おすすめというか、基本メニューはたしか「ラーメン」「つけ麺」の2つだけ。それらをトッピングで調整していくということになる。ラーメンはカチ盛り(麺400g)、つけ麺は鬼盛り(麺500g)が最大。舐めてかかると胃袋に講義されるので、お腹の調子と相談したうえでカチ盛りを頼もう。大丈夫大丈夫なんとかなるから。そんで翌日後悔しよう。

 

 

5. 牛骨ラーメン うしごろ

f:id:natsugami:20170422222306j:plain

 

太一商店で胃をやられた人へ、たまには豚骨以外もいかが? ということでおすすめしたい「牛骨ラーメン うしごろ」。大分どころか、九州でもかなり珍しい牛骨ラーメンは必見。近年かなり人気が伸びている様子。駅チカの大分マートにひっそりと佇む。

 

ラーメンにしては珍しく、石の器で出てくる。博多の「めんちゃんこ亭」を彷彿とさせるといった感じだろうか。あれは木だけども。過去に数回行っただけなので現在の詳しいメニューはわからないけども、塩・赤味噌白味噌・カレーから味を選べたような記憶がある。味は間違いなく美味しい。一度だけ飲み会の後に来たことがあるんだけど、その時はバツグンに美味かった。飲んだ後に食べると非常に美味しくいただける、とても優しい味だ。

 

おすすめは、麺を食べ終えた後の「おじや」。たしかできたはず……これが飲み会の後だとこれまた美味い。美味すぎて胃袋ともども死ぬ。TKGも用意されていたと思うけど、このおじやに敵うものはあるまい。まだカレー味でおじやを試していなかったと思うので、GWに帰省したときには試してみたいところ。

 

大分で濃厚豚骨ラーメンをたくさん食べるのもオツだけど、ちょっと変化球なラーメンが食べたいなあという時は、ぜひとも「牛骨ラーメン うしごろ」へ。

 

 

まとめ

これ以外にもまだまだおすすめしたい店はあるのだけど、ひとまず大分ラーメンを網羅するなら、この5店に行けば間違いないかなと思う。完全に独断で選んだので、これが大分の代表ってわけではない。そこはご容赦願いたい。

 

他にも、名前でオチている「森のくまさんラーメン」、つけ麺が美味しい宮崎発祥の「ちゃが商店」、ワンコインでお得な「八味付ラーメン」、肉飯が美味い「馬力屋」、味噌スープが美味い「味噌乃家」など、いろいろなラーメン店があるので、大分へ来た際にはぜひともラーメン探訪をしてみてほしい! で、さらなる隠れ名店を見つけて教えてくれ!!!