読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はつかねずみは何処へゆく

「どんなときも遊び心」がポリシーのWEBクリエイター・津上夏哉のブログです。

就活は「やりたいこと」を決めないと、必ず後悔する

ライフハック 雑記

 「なんとなく就活」やってない?

f:id:natsugami:20170319212741j:plain

 

甘く見ちゃダメだ。就活は人生の一大イベント。学生身分から抜け出し、一端の社会人になるには避けて通れない通過儀礼だ。かくいう僕も数年前までは普通の大学生で、普通に就活して、今、普通に社会人生活を送っている。

 

当時は「自分が社会人になるなんて想像もつかないな~」なんて言っていたけど、いざ就活してみれば案外すんなりと社会人になった。案ずるより産むがやすし、小さい頃高いと思っていた壁がおとなになると低く見えたというのはよくあること。

 

今回は就活シーズンということもあって、就活をどうすべきか悩んでいる人も多いかもしれない。そういう人たち全員に言っておきたいことがある。それは、「やりたいこと」を決めないと、就活は必ず後悔するということ。

 

 

「40年間働く」という考えは古い

f:id:natsugami:20170319220830j:plain

 

かつては(多分)よく言われていたこと。就職した会社で40年間、要するに定年まで勤め上げる覚悟がなければダメなんだと。意見は様々だろうけど、僕はこの考え方には否定的。クリエイティブな業界だからかもしれないけど、同じところでずっと働くなんてことは役員にでもならない限りそうそうない。

 

公務員の事情はよく知らないのだけれど、ああいうところは年功序列が色濃く出るんだろうか? 長年働いている人ほど偉い? 正直言ってそんなものは害悪でしかない。長ければ良いというもんじゃないだろう。人間や仕事はビンテージアイテムじゃない。もちろん、能力が高い人間が偉いというのも違う。そもそも偉いとか偉くないということに拘泥するのが間違いだ。

 

閑話休題。何が言いたいかというと、別にこれから決める会社に一生を捧げようなんて思わなくていい。やりたいことがあるなら転職したってかまわない。でも、せっかくなら最初につとめたところに「やりたいこと」を見つけたいよね。だから就活前に「やりたいこと」を決めてほしいってワケ。これすっごい大事。

 

 

やりたいことを重視するメリット

f:id:natsugami:20170319221120j:plain

 

じゃあ、やりたいことを就活で重視するとどういうメリットがあるのか。結論から言うと、強い説得力が生まれる。当たり前のことだけど、これも大事。

 

僕の前職をたとえに出そう。以前はWEBライターだった。ライターと言っても取材やアポに出かけてそれを文章にして……というライターとは少し違う。詳しい説明は別記事で補足するけど、要するに最近話題になっているキュレーションメディアのライターだ。サブカルチャー(アニメ、漫画、ラノベとかだね)のニュースをチェックし、それをわかりやすく噛み砕き、記事にする。これがメインのお仕事。

 

元々アニメとかそういうものが好きだったから、僕はその職業を目指すと決めた。非常に楽になるのが志望動機。好きなものに関わるわけだ、志望動機なんて考えればいくらでも出てくる。好きでもない職種の志望動機なんて「給料が良いから」「スキルがあるから」ぐらいしかないと思う。そんな付け焼き刃よりは、自分の趣味を全面に押し出した志望動機のほうが効果的に決まっている。

 

実を言うと、僕も最初は「学校でプログラミングを学んでいたから」という理由で、安易に技術職の面接を受けた。でも僕はプログラミングが好きなわけじゃない。同じ学校の同じ学部を卒業していた面接官には、それを5分で看破された。そこで受けたアドバイスがこうだ。

 

「君はアニメや漫画が好きなんだろう。良いじゃないか。同人誌を作成した経験もあるなら、それを活かせる仕事を探せばいいんだよ」

 

頭をハンマーで殴られるような衝撃だった。そうだ。僕には他にやりたいことがある。でも就活ではそれを重視していなかった。学歴だとかスキルだけに縛られて仕事を決めようとしていた。楽な方向に逃げようとしていたのかもしれない。

 

でもそうじゃない。実際、プログラミングを仕事にしていたらすぐに辞めてしまっていただろう。好きじゃないものと1日8時間も向き合って楽しいわけがない。向き合うなら自分のやりたいことに絞ればいい。とにかく、「やりたいこと」と真剣に向き合ってみる。就活をするなら絶対に忘れてはいけない。

 

 

でも、趣味を仕事にして辛くない?

f:id:natsugami:20170319223956j:plain

 

結論から言おう。辛くない。

趣味を仕事にすると辛くなる。一般論と言っていいほど浸透している認識だ。今までは個人の裁量で取り組めていた趣味が、強制的に取り組まなければならない仕事になると辛くなる。上司との飲み会がハラスメントだと言われるのにも同じ理由がある。

 

さて、実際はどうだろう。好きなことを仕事にした結果、給料が上がらず、趣味が義務になってしまって辛くなる。でも、それって趣味にしていたものが原因じゃないよね。辛くなっている理由はあくまで労働環境。それを容易く「趣味を仕事にして辛い」と言ってしまうのはお門違いだ。

 

先程のライターを例に出そう。たとえば、ライターがアニメを嫌いになるきっかけというのは、「見たくもないアニメを仕事だからといってリアルタイムで見ないといけない」みたいなことがあると思う。それ以外にも理由はあるだろうけど、その多くは労働環境・人間関係が原因だ。

 

先述した例だってそうだ。見たくないアニメなら、見ないでいるか、他の人(もちろんそのアニメが好きな人ね)に仕事を回せばいい。そういう職に就いていた身から言えば、仕事そのものを嫌いになるということは結果的に一度もなかった。辞めた理由は労働環境と僕自身の折り合いがつかなかったというところに帰結する。僕は一度ライターをやめた。でも今はまた編集者・ライターとして働いていて、こうしてブログも書いている。なぜかってそれが僕のやりたいことだからだ。

 

趣味を仕事にして辛くなるのは、それが趣味じゃなくても同じこと。やりたいことを仕事にしたら楽しいに決まっている。

想像してみてほしい。今、楽しいと思っている趣味(もしくはそれにまつわる知識)を活かして、生きていくことができる。これほど素晴らしいことは、他にないんじゃないかと僕は思っている。

 

 

だから、「やりたいこと」を明確にしよう

f:id:natsugami:20170319224245j:plain

 

歳をとれば、結婚だとか育児だとかの関係で、やりたいことを見つける余裕もなくなってくるだろう。なら、その時までに「やりたいこと」を仕事にしていたほうがいい。だから僕は行動した。やりたくないことはやらない。やりたいことをやる。そういう点で見ると、なるほど『氷菓』の折木奉太郎のモットーは至言だ。

 

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に、だ」

 

米澤穂信氷菓』(角川文庫)より抜粋

 

 

やらなくてもいいことならやらなくていい。その代わり、「やりたいこと」をしっかりと見据えて、それにまつわる「やらなければいけないこと」だけはしっかりとこなしていこう。僕はこの生き方を実践してから、後悔することが格段に少なくなった。昔の自分をぶん殴りたい衝動にも駆り立てられた。

 

だから肝に銘じてほしい。就活は「やりたいこと」を決めないと、必ず後悔する。僕が就活生に贈ることのできる、唯一のメッセージだ。

 

 

関連記事

 

 

氷菓<「古典部」シリーズ> (角川文庫)

氷菓<「古典部」シリーズ> (角川文庫)

 
大学時代しなければならない50のこと (PHP文庫)

大学時代しなければならない50のこと (PHP文庫)