読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ箱庭

「どんなときも遊び心」がポリシーのWEBクリエイター・津上夏哉のブログです。

MENU

Nintendo Switchこそ『スプラトゥーン2』のためのゲーム機だ

f:id:natsugami:20170402021144j:plain

 

ゼルダ』はそうなったけど、はたして「イカ」は?

 

3月の終わり、Nintendo Switchにおいて『Splatoonスプラトゥーン)2』のインターネット体験会、俗に言う「試射会」が行われた。新年度から昨年度の話をするというのも興ざめかもしれないけど、鬼に笑われるよりはマシだろう。

 

スプラトゥーン』は任天堂の新規IPで……と説明するのもバカバカしい。任天堂を知っているなら、『スプラトゥーン』の名前くらいは聞いたことがあるだろう。販売数が決して多くないゲーム機において、それでも単独100万本以上売り上げたソフトの持つ力は計り知れない。イカはゲームキッズたちの心を見事わしづかみにしたわけだ。関係ないけど、イカの塩辛って美味しいよね。

 

で、夏には新作『スプラトゥーン2』が発売される。その先駆けとして、3/25,26に体験会が行われたというわけだ。この週末は寝不足だったという人も多いだろう。かくいう津上も最初の朝4時からバッチリ参加した。さすがに日曜日の朝4時はグースカ寝ていたけども、それ以外はフル参戦だ。初代の試射会にも参加した(そしてニコニコに実況動画を投稿した。若干黒歴史)ので、久しぶりの感覚に胸が高鳴った。

 

もちろん、今さら体験会のあらましを説明する気などなく、現状の『スプラトゥーン』と比較することもできない(初代は半年ほどでフェードアウトしてしまった)。いつもの雑記感覚で、『スプラトゥーン2』の感触、そしてこのためだけにNintendo Switchを買うべきなのかどうかを考えてみたので、気になる人は続きから。

 

続きを読む

就活は「やりたいこと」を決めないと、必ず後悔する

 「なんとなく就活」やってない?

f:id:natsugami:20170319212741j:plain

 

甘く見ちゃダメだ。就活は人生の一大イベント。学生身分から抜け出し、一端の社会人になるには避けて通れない通過儀礼だ。かくいう僕も数年前までは普通の大学生で、普通に就活して、今、普通に社会人生活を送っている。

 

当時は「自分が社会人になるなんて想像もつかないな~」なんて言っていたけど、いざ就活してみれば案外すんなりと社会人になった。案ずるより産むがやすし、小さい頃高いと思っていた壁がおとなになると低く見えたというのはよくあること。

 

今回は就活シーズンということもあって、就活をどうすべきか悩んでいる人も多いかもしれない。そういう人たち全員に言っておきたいことがある。それは、「やりたいこと」を決めないと、就活は必ず後悔するということ。

 

続きを読む

フジファブリックの『銀河』は最高の課題曲だ

f:id:natsugami:20170506211903j:plain

 

結構難しいんだ、これが。

 

社内サークルで「フジファブリック」のコピーバンドをやることになり、どの曲をやろうかという話になって、真っ先に候補に上がったのが『銀河』だった。

『銀河』は四季盤の最終作となる「冬」をテーマにした楽曲で、キャッチーなメロディと歌詞はいつ聞いても心を鷲掴みにされる。フジファブリックファン同士でカラオケでこれを歌えば必ず誰かが踊り出す。そういう曲。

 

で、その『銀河』を演奏する段階になって改めて聴き返していた(以前コピーしたことはあるから、確認程度)んだけど、そこで気づいた。

この曲、バンドメンバーが上達するための課題曲にうってつけなんじゃないか?

 

 

続きを読む

一週間ほど全力で『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』を遊んだ感想まとめ

f:id:natsugami:20170308013254j:plain

 

3月3日に任天堂の新型据え置きゲーム機「Nintendo Switch」が発売されて、ローンチタイトルとして『ゼルダ』の最新作『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(以下『BotW』)』が遊べるようになったね。生粋のゼルダファンである津上は、もちろん発売日にどちらとも買って、日曜に締め切りがあるというのにゲームに興じていたわけで(関係者各位は大変ご迷惑おかけしました)。

 

最初に感想を言っておくと、まあ面白い。ゼルダの当たり前を見直すと言っていた意味が少しわかった気がする。というわけで、今回の雑記は『BotW』をプレイしてみての感想(というかツッコミ)になるので、未プレイでこれから遊ぶ予定の方は読まないほうがいいかも。積極的なネタバレはしないつもりなので、それでかまわないぜって人は、続きからどうぞ。

 

続きを読む

時間がないんじゃなくて、使い方が下手なだけ

本当に「時間がない」のか?

f:id:natsugami:20170311195152j:plain

 

最近とみに思うのが、「時間がない」「時間が足りない」を理由に使う人が増えたなってこと。新しいゲームが出た。これは面白そうだ。あの人、このジャンル好きだったな、よし誘ってみよう。

「こんなゲームが出たんだけど、やってみない?」

ごめん、今は時間がないから無理なんだ

ああそうなんだ、それじゃあ仕方が……

 

待て。本当にお前は時間が足りないのか? 面倒くさい、関わりたくないの理由に「時間がない」なんて言葉を使ってないか? 本当は時間があるのに、疲れているから、何もしたくないからという理由で、「時間が足りない」だなんて自分を無理やり納得させてないか?

 

どうしてこんなことを言うのかというと、昔の僕がそうだったからだ。仕事に疲れて、何かで遊ぶ気力も起きず、泥のように眠る毎日。そんな日々が生産的な訳がない。単に労働時間が長すぎて、数値的に時間がないという人もいるだろう。そういう人の場合は、なんというか、まず働く環境を見直すべきじゃないだろうか。僕は最近いろいろと見直してきて、ずいぶんと生き方が楽になった。

 

具体的に変わった部分として、「時間の使い方」が多少上手くなったという点がある。仕事にしても、ちょっとやり方を見直すだけで3時間かかっていたものが1時間に短縮できたりする。日々の生活だって、少し俯瞰して見れば「こうすれば良さそうだ」と言うものがどんどん見つかるはず。たとえば皿洗いだって、いつもと違うやり方を試しただけで、驚くほど作業が楽になるなんてことがあるかもしれない。

 

僕は出会ってきた後輩のほぼ全員に、「考える時間を絶やさないでほしい」と言ってきた。どうすれば時短できるか、悪く言えばどうすればきちんと仕事をこなしつつ楽できるか。僕の思考の原点はそこにある。考えろ。とにかく考えろ。思考を止めるな。考えて考えて死ぬほど考えぬいた分だけ、道を切り拓く力は絶対についてくる。これは冗談でもなんでもない。

 

時間が足りない。そう思うのはもっともだ。じゃあそこで諦めたり立ち止まったりするんじゃなくて、足りないなら足りないなりに対策をしよう。時間がないのは何のせいだ? 仕事? 家事? 付き合い? それとも、そうつぶやきたいだけ? まずはそこを明らかにしないことには、いつまでも時間がない時間がないと嘆くハメになる。それはいかにも滑稽だ。

 

誤解を恐れず言うと、僕は時間がないと言って何かを諦める行為が大嫌いだ。つまり時々は自分を大嫌いになることがある。他人もその限りではない。だからこそ自戒を込めて言いたい。君には時間がないんじゃない。ただ、時間の使い方が下手なだけだ。それに気づこう。気づいたら変えていこう。そうすれば、一日はこんなに長かったんだと思うようになって、空き時間が増えて、やりたいことをどんどんやれるようになるからさ。