読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタジオ箱庭

「どんなときも遊び心」がポリシーのWEBクリエイター・津上夏哉のブログです。

MENU

面白いかどうか決めるのは、作者じゃない

「面白い」ことはわかってます

f:id:natsugami:20170305183323j:plain

 

■これは僕の性格が悪い証拠なのだけど、他の人に「これめちゃくちゃ面白いから読んで!」「◯◯やばい。超面白い。楽しみにしていてね」みたいな発言を見ると、少し見る気が失せてしまう。当たり前だよ。この世に「面白くない」と想定されて発表されてる作品なんてほとんどないんだからさ。

 

でもって、それが面白いかどうかを決めるのは赤の他人じゃなくて読む人自身なんだよ。日本版ハリウッドのポスターに「全米が大絶賛!」「1億人が泣いた!」「絶対に面白い!」なんて書いてると興が削がれるでしょ。あれと同じことだよ。おすすめしたいのはわかっているんだから、すすめる相手に「面白い」を強要する言い方はよろしくない。僕も時々やってしまうので留意しているけど、それを日常的にやっている人があまりにも多すぎる。

 

読む人が事前に知りたいのは「面白さ」じゃない。どういうあらすじなのか、どういう魅力があるのか、どういう驚きがあるのか。求めているのはそれだろう。

 

「面白そう」と思うから読むんだ、他人から「面白いよ!!」と喧伝されて「じゃあ読んでみようかな」と読むより、「これ面白そうだな」と思って読むほうがいい(前者のほうがいいだろって方は、多分考えが合わないので、これ以上読まないことをおすすめします)。

 

少し話は違うけど、キュレーションメディアが増えて、他人がおすすめするものを甘んじて受け入れる時代になっているけど、自分で面白そうなものを探すことをやめちゃいけない。他人やまとめサイトの飼い犬になって尻尾振ってるままじゃダメってこと。本当に力のあるWEBメディアを読んでみてほしい。「面白い」とタイトルに打たれていても、個人の感想なんてどこにもないから(※1)。

 

……面白いから、と言わないと読んでもらえない? ほっとけほっとけ。値踏みしないと良し悪しが判断できない相手じゃどうしようもないんだから。

 

 

面白いかどうか決めるのは、作者じゃない

f:id:natsugami:20170305183501j:plain

 

■これはたまたま覗いたTwitterで見かけたからツッコミを入れると、発表してない作品(刊行予定の同人誌とか)の感想をべらべら話すのにはちょっと疑問がある。面白いのはもちろんわかっているんだ。それなりに有名なところだからね。

 

それで、ある作品に関してつぶやかれた内容がこれ。「◯◯さんの(作品名)良かった。これめっちゃ面白いよ。本の完成が待ち遠しくなる」。表現は多少変えてるけど、だいたいこんなもん。たしか、同じ本に寄稿している人だったと思う。

うん、わかる。わかるよ。その人の書く小説は面白い。僕だってファンの一人だ。ぜひ商業に羽ばたいてほしいと思っている。でもその発言は要らない。そう感じた。

 

たとえば、本の読者が「この作品面白かったなあ」ってつぶやくのはいいんだ。こっちもそのつぶやきを見て「面白いのか。僕も読んでみようかなあ」と思うようになるかもしれない。

でも、間違っても、間違っても同じ本に寄稿している執筆者の一人が他の収録作品について、発表前にSNSで「面白い」なんて語っちゃいけない(持論です。鵜呑みにしないでね)。

 

これに関しては「面白いんだから少しくらい良いだろう」とたくさんの反論があると思うけど、僕個人としては先述したとおり、面白い・面白くないという点には一貫して興味がない。それは自分が読んでから決めることだ、他人に強制される部分じゃない。

 

僕は「面白さ」なんてものはどうでもよくて、実際に求めているのは「どういうジャンルか」「どういう世界観なのか」「どういうキャラが魅力的なのか」みたいなことだ。発信する側の人間が、気安く自作品・それに相当する他人の作品を「面白い」なんて言葉で逃げちゃいけない。

 

僕はそういう点で村上春樹の『1Q84』の打ち出した事前情報皆無な広告がとても好きだった。今回の『騎士団長殺し』がどうなのかは知らないけども、似たようなものではないかと思う。情報を与えるだけで、その感想については心の片隅に潜ませておけばいい。

 

面白いかどうか決めるのは、作者じゃない。それを手に取る人だ。創作をする人間である以上、そこは弁えておくべき点ではないかと感じた。

 

■はつかねずみがやってきた。それでは、また。

 

 

※1:どこにもないというか、あっちゃいけない。そもそも多くのWEBメディアは記事内で「筆者の主観的な意見」をタブーにしてるから。

たとえ話は文章を鮮やかにしてくれる

■津上です。先日は九州プレコミティアお疲れ様でした。僕は田舎へと帰っておりました。福岡でこういったイベントが増えていくのはとても良いこと! 参加の可否はあれど、一様に応援していく次第です。

 

ただ、本の杜のような事例が増えるのも考えもの。単純に増やすだけではなく、地元に根ざす伝統的なイベントとして価値を見出していきたいねえ。本の社はどうなるんだろうか? 主催と運営スタッフが連絡を取れていない時点でブラックボックスが否めないけれども、まあ、ここでとやかくいう話でもない。

 

■たとえ話は文章を鮮やかにしてくれる。僕は最近そういうことを思っている。最近というか、自覚したのがごく最近。あらゆる物事をたとえ話で表現してみることは、つまり対象物を飲み込んで噛み砕いて自分の言い方で作り出すわけだから、創作能力を高めるにはうってつけ。

 

たとえば「捨てる」という言葉。「そんなプライドはとうに捨てた」なんて文章があったとする。でも、捨てるなんて表現は結構使う。だから被りが気になってくる。そこで言い換え、つまりたとえ話の出番だ。「捨てる」を違う言葉に言い換えよう。なんでもいい。「燃えないゴミに出す」とか。そうすると「そんなプライドは燃えないゴミに出してきたよ」なんて言いまわしに。あらやだなんとなくアメリカンジョーク感。みんなもどうだろう、レッツらたとえ話。これ、話術の向上にもつながるよ。

 

■最近めっきりとコンシューマゲームをやらなくなった反動で、スマホゲームにハマりだしている。今はもっぱらモンストファイナルファンタジーとのコラボなんて、久しぶりに『Ⅴ』の戦闘BGM聞いて感動してしまった。でも、だからといって「久しぶりにFFⅤやるかあ」なんて気分には不思議とならない。

 

腰を据えてゲームをやることに忌避感でも覚えてしまったのだろうか。モンストのマルチはとても楽しいのだけど、一人でゲームをやっているとただただ寂しい。単純に人肌に飢えているだけなのか、性質として協力・対戦ゲームを求めているのか。来月初旬には任天堂からSwitchが発売されて、僕も買うつもりでいるのだけど、はたしてどこまでハマることができるのか。

 

歳をとったせいだとは思いたくない。ゲーム以上に面白いものが見つかってしまっただけで。

 

■はつかねずみがやってきた。それでは、また。

 

編集という仕事、コミティア、そしてリサイクル

■僕は曲がりなりにも編集業というものに携わっているわけなのだけど、そこで今、求められるのがキャッチコピーのセンス。一般的にキャッチコピーといえば広告関係者だったり経営者だったりデザイナーに求められるかもしれないけど、僕も何故か求められている。それも編集の仕事なんだろう。

僕がやっている編集ってのは、つまり「他人が作ったものに引きのある見出しを持たせる」こと。売れないバンドにプロデューサーがついて、魅力を最大限まで引き出す行為に限りなく近い。野ブタとまではいかないが。

 

で、日々ああでもないこうでもないと奮闘していると、一定の傾向も見えてきたりする。「この時期にこういう見出しをつけると、通常よりもCTRが上がったぞ」みたいなことだ。これがわかってくると途端に仕事が面白くなって、新しい壁も見えてくる。

伸びやすいものを伸ばしていくのは大事だ。でも、それ以上に伸びしろがあるものを伸ばしていくのも忘れてはいけない。やらなければならないのは乱獲ではなく養殖。強力なコンテンツが出てくるのを待つのではなく、強力なコンテンツが作られるように仕向ければいけないのだ。これが案外難しく、書き手とのコミュニケーションがうまくいかないと難航する。それがまた面白いのだけども。

そんな感じで、上手いこと生きている。

 

■先日は東京でコミティアがあったそうで。今週末も北九州でコミティアがあるそうで。僕も問題がなければ寄稿をさせていただいているのだけど、あいにく用事がかさむため現場にはいない。そうでなくとも今月末締め切りの原稿が終わっていない時点で、週末に猶予などない。あと今年はイベントに参加できない。年末年始に自分がどういう抱負を述べたのかもぶっちゃけ忘れたけど、今年は充電の年だ。去年もそう言っていた気がする。いつまでも充電し続けて過充電を待つのがいいかもしれない。

 

ところで今年はアラサーの道程へ一歩踏み込んでしまう。30歳って実際どうなのだろう。今は24歳だけど、子供の頃夢描いていた24歳よりは遥かに子供のままだ。そう考えれば、アラサーってのも今とそこまで変わらないんじゃないか。

 

さらっと調べてみたけど、アニメや漫画の30歳といえば、イヤミ(おそ松くん)、加持リョウジ新世紀エヴァンゲリオン)、ニコ・ロビンONE PIECE)、相澤消太(僕のヒーローアカデミア)、空条承太郎ジョジョの奇妙な冒険 Part5『黄金の風』)などだそう。この話はやめておこう。そう、現実と二次元は違うんだ。加持リョウジになんて一生かかってもなれねえよ。ってかロビンって30歳なのかよ。

 

■最近これと言って変化はないのだけど、最寄りにリサイクルショップができた。ちらっと覗いてみたけど、どうも家族で経営しているらしい。そしてみんな、とってもやんちゃそうだった。剃り込みとかが。そんな店先に激安のパ◯テーン(詰め替え)が売られていても「お得だ!」と買う気にはなれない。下手したらこちらがリサイクルされそうだ(?)

 

■はつかねずみがやってきた。それでは、また。

 

執筆の手を止めない。小説を書き続ける3つのコツ

「執筆が進まない……」から抜け出そう

f:id:natsugami:20170213004109p:plain

 

筆がなかなか進まない。小説を書いていると、誰しもが経験することではないでしょうか。僕もよく陥っていました。というかつい最近まで自作品でそういうことになっていました。もう何年も物書きやっていますが、うまくいかないことは多いですね。

 

でも、最近はそういうことがほとんどなくなりました。

上記リンクの『飽蝕のレトラ』においても、なかなか執筆が進まずに放置状態だったのですが、少しやり方や環境を改善した三週間後に書いてみると、まあ進む進む。結局、いつも1話(3000字程度)に3時間ほどかけてしまっていたのが、その日は半日で5話分(15000字)程度書けてしまいました。自分でも少し驚いています。

 

で、あまり書けていなかった時期に比べると、今は何が違うのか? と考えてみたところ、大きな変化を3つほど見つけることができたので、今回はそれを覚え書き程度に記してみたいと思います。

 

あくまで僕の場合です。これがすべての人に当てはまるとは限りませんが、それでもかなり初歩的なことだとは思っています。

執筆の手がなかなか動かない方。ちょっと休憩がてら、覗いてみませんか。

 

続きを読む

Amazon Dash Buttonは結局何がすごいのかという話

Amazon Dash Button買いました

f:id:natsugami:20170212013437j:plain

 

■津上です。少し前になりますが、Amazon Dash Buttonをようやく買いました。種別は、最近またよく食べているフルグラ。まだ1~2回しか使用していませんが、もちろん便利です。

 

 

便利なのですが、使ってみて思うのは、やっぱりこいつがとんでもないアイテムだってこと。下手したら消耗品市場が根こそぎ喰われるんじゃないか、ってくらい。

 

たまにはライターっぽいことを書こうと思いましたが、すでに良い感じに考察していただいている方がいらっしゃったので、何がヤバいのかはこちらで。自分がやる必要のないことはやらない省エネ主義の編集者・津上夏哉ですどうも。


■僕は今、フルグラのDash Buttonを使用しているわけですが、こちらで買うとフルグラ(800g)の値段ってのはだいたい720円くらい。でも僕は知っています。近所のスーパーに行けば、同じものが680円程度で売られているんだと。たった40円の差かもしれませんが、こういうのって結構デカいです。結構なペースで消費されていくわけですから、合算していくと結構な額になります。

 

じゃあどうしてDash Buttonを買ったのかというと、理由はシンプル、帰り道の途中にはスーパーがなくて、どうしても余計に歩く必要があるから。「歩けよ!」と思われるかもしれませんが、こういうことって増えてますよね。書店が衰退しつつあるのもネット書店が充実してきたからですし。

 

最近は洗剤のDash Buttonもほしいな……と思いはじめてしまっています。帰り道にドラッグストアがあるのでこちらはまだ踏みとどまっていますが、「持ち帰る手間が……」と考えだす日が来たら、購入に踏み切ってしまうような気がしています。だって、ボタンを押したらあとは届くのを待つだけなんですよ。こちらの経費は商品の金額だけ。宅配BOXがある家なら、在宅していなくてもいいわけです。

 

しかも基本的に翌日お届け。なくなりそうと思ったらポチッと押してしまえば、日用品を切らす心配はなくなるわけです。そりゃ使いたくもなります。

 

で、Dash Buttonは案の定、有志の手でIoTデバイスに魔改造されているらしく、押すだけで電気を消したりSlackにチャットを投げたりといろいろできることはあるみたいです。僕は現状フルグラのみで満足しているので、エンジニアの方はやってみても面白そう。HackableなDash Buttonって出るんでしょうかね。

 

■そんな感じで、Amazon Dash Buttonってスゴイな! と思う津上でした。押したらランダムで小説が届くボタンとか面白そうですね。それでとんでもない値段の本とか送られてきても、それはそれで困るのですが。

 

■はつかねずみがやってきた。それでは、また。